Pちゃん ゲーム

犯人はお前だっ!大人気推理カードゲーム、『犯人は踊る』をプレイしてみよう!!

投稿日:

サルのPマソ
みんなで騒ぐの大好き、どうもPマソです!!

今回も面白くて盛り上がるカードゲームを紹介していきます!!

その名も『犯人は踊る』!名前からしてミステリアスで難しそうなゲームな気がしますが、やってみると小さい子まで十分楽しめる内容になってますのでご安心を☆笑

セット内容とカード説明

箱の中身は、

・取り扱い説明書1部

・ゲームカード12種類、計32枚(各種枚数と効果は以下)

1.犯人カード×1枚

このカードを持っているプレイヤーはこの事件の犯人となる。他のプレイヤーに犯人と当てられてしまうと負け。

 

2.たくらみカード×2枚

このカードを出すことによってそのプレイヤーは犯人の味方となり、犯人が他のプレイヤーに特定されず逃げ切った場合一緒に勝利できる。

 

3.取り引きカード×5枚

誰か1人を指名して、任意のカードを交換することができる。

 

4.アリバイカード×5枚

犯人カードを所持している状態で他のプレイヤーにお前が犯人だっ!と指名されても、このカードを持っている以上は犯人ではありませんと答えることができる。

 

5.うわさカード×4枚

右隣のプレイヤーのカードをランダムでもらう。全員が対象なので全員の手札が1枚すりかわることになる。

 

6.少年カード×1枚

自分以外のプレイヤー全員の中から犯人を自分だけ特定することができる。

 

7.探偵カード×4枚

このカードを使用して犯人を指名することができる。※2周目からしかこのカードを出すことができない。

 

8.第一発見者カード×1枚

このカードを持っている人からゲームがスタートする。持っている人は必ず最初にこのカードを出さなければいけない。※どんな事件が起きたかを全員に伝える必要があります!面白い事件を考えましょう☆

 

9.いぬカード×1枚

全プレイヤーの中から1人を指名し、尚且つ手札の中から1枚を選択して全員に見せるよう指示することができる。そのカードが犯人カードの場合は犯人の負け。

 

10.一般人カード×2枚

とくに意味の無いカード。なぜあるかは不明。

 

11.目撃者カード×3枚

全プレイヤーの中から1人を指名して、手札を全て確認することができる。自分のみ見ることができる。

 

12.情報操作カード×3枚

左隣のプレイヤーに任意のカードを1枚渡す。全員が対象なので全員の手札が1枚すりかわることになる。

 

ゲームルール

プレイ人数:3〜8人

推奨年齢:8歳以上

プレイ時間:1回約10〜20分

まずカードの準備としてプレイヤーの人数に応じて使用するカードの枚数が異なるので、下図を参照してください!

カードの準備ができたら、よくきってから4枚ずつ配りましょう。みんなに見えないよう注意してください。

まず最初に手札を確認し、第一発見者カードを持っている人がそのカードを出して事件を説明しゲームスタート!!

サルのPマソ
お、俺は見てしまったんだ!何者かが俺が大事にしまっておいたカレーパンを盗んでいった瞬間を!【カレーパン盗難事件】

さてさて、事件が起きてしまったので第一発見者のプレイヤーから時計周りに手札のカードを1枚ずつ出していき犯人を見つけていきましょう!

1巡目から探偵カードは使用できないので、カードの交換等行い、犯人を暴かなくてはいけません。

犯人が自分だった場合、犯人カードをなすりつけるも良し、アリバイカードを集めて最後まで逃げ切るも良し、たくらみカードを使用し犯人に加担するも良し、周りのプレイヤーを観察しながらゲームを進めていきます。

 

勝利条件

①犯人でない場合:2巡目以降で探偵カードを使用し、犯人を当てれた時

②犯人の場合:犯人カードを最後の1枚として場に出せれた時

 

実際にプレイしてみて

やっぱり大人数でプレイしたほうが盛り上がるし、犯人を当て辛くなるため、できれば5人以上でやりたいですね!探偵カードの枚数が決まっているので、曖昧な状態で無駄に出してしまうと犯人が有利になってしまいます。なので使用する時はよく考えて、適当はやめましょう。でも適当に出す時が有利な場合もあります、それは自分が犯人の時。なんかこいつ適当に指名してんなぁーと感じたらそのプレイヤーは犯人かもしれません!達成感、やってやったぜと感じた時はたくらみカードを使用して犯人を守り、一緒に勝利した時ですね☆小さい子は顔に出ちゃうので、逆に自分が犯人であるかのようなわざとらしいリアクションをとって守ってあげてください☆笑

推奨年齢は8歳以上となっていますが、小学1年生が実際にプレイして問題なく楽しめていたので、カードに書いてある文字が読めるようになれば大丈夫ですね!!カードのイラストもかわいいのでやり方覚えちゃえばもっと小さい子でもいけちゃうかも☆

サルのPマソ
みんな、ぜひやってみてねー!めっちゃおもろいでぇー

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サルのPマソ

趣味:ゲーム・アニメ・漫画・ダーツ ひとこと: 二児の父であるが故に、ゲームをやる時間はもっぱら夜中でございます。 夜型人間の力をブログで発揮していきます!(笑

-Pちゃん, ゲーム

Copyright© 森のQちゃんズ , 2021 All Rights Reserved.