Pちゃん ダーツ

(続)初心者向けダーツの基本!ルールを覚えてレッツダーツ!

投稿日:2019年7月21日 更新日:

ダーツイメージ
サルのPマソ
どーも!森のQちゃんズ、おサルのPマソです!今回は前回に続きダーツの基本、ルールについて紹介していくぞー

 

まずダーツをプレイするための機械はこれ、

© DARTSLIVE Co.,Ltd.

© DARTSLIVE Co.,Ltd.

出典:株式会社ダーツライブ © DARTSLIVE Co.,Ltd.より

ですがメーカーさんによって機械のデザインが違ったり、操作やゲームルールが違ったりするので、今回は株式会社ダーツライブさんの機械でプレイできる遊びを紹介していきます!

 

でも全くやったことないor知らないって人のために→ダーツはどのゲームルールであっても1度に3本連続で投げて1ラウンジとしています!3本投げきってからボードに刺さったダーツを取りに行き、機械のボタンを押して、友達のターンにまわしてあげましょう。複数人でプレイする際は基本的に先行が有利になるのでレベルが同じくらいの友達とならじゃんけんか機械で行うコイントスなどで決めてくださいね!ちなみにゲームによって何ラウンドまで繰り返し行うか決まっています。ですが規定ラウンド到達前にゲームをクリアできれば途中で終わるゲームルールもあるので、そのあたりは今から紹介していきます!

その前にボードにおける点数の入り方を最初にみていきましょう!

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

出典:株式会社ダーツライブ © DARTSLIVE Co.,Ltd.より

ダーツボードには1から20まで数字があり、真ん中の丸から外周の数字にむけて扇状に伸びているゾーンがその数字分点数が入るエリアになります。その中でも1番外枠のエリアはダブルエリアとなっていて、数字の2倍の点数が入ります。また内枠のトリプルエリアは数字の3倍になります。そして真ん中の丸はブルといい、アウターブルとさらに小さいインナーブルに分かれています。ブルに関してはゲームルールによって使い分けられており、必ずしも50点が入るとは限りませんが、高得点にはかわりありません!

20点のエリアでまとめると…

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

出典:株式会社ダーツライブ © DARTSLIVE Co.,Ltd.より

こんな感じなります。見にくいかな…

このように実は真ん中の50点より、20トリプル=60点のほうが点数は高いんです!

その分小さくコンスタントに入れれないため、基本的に点数を稼ぐ時はブルを狙うのが一般的です!

 

それでは点数の入り方がわかったところでゲームルールに移ります!

ゲームルールの説明

①ゼロワン

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

出典:株式会社ダーツライブ © DARTSLIVE Co.,Ltd.より

大会で必ず用いられるルールの1つです!ゼロワンとは301、501、701等のスタート時の設定数を減らしていき最終的にいち早く0にしたプレイヤーが勝利となるゲームです!ということはあっという間に0にできたら規定ラウンド前に終わることもあるということです!お互い最終ラウンドまで0にできなかった場合は残りの数字が少ないプレイヤーの勝利です!

ポイント:0にするといってもドンピシャで0にする必要があります。なので残りの数が10でラウンドをスタートした場合、10を超える数を当ててしまった時点でバーストとなり、数は減らず次のラウンドも残り10からとなります!つまり狙った場所に投げることができなければひたすらあがれずループすることになるので初心者にはやや難しいかもしれませんね。でもあがれた時の喜びはたまりませんよ☆

サルのPマソ
残り10なら5のダブルであがるとめっちゃカッコいいぜ!そういったダブルやトリプルでしかあがっちゃダメってルールもあるんだよ!上級者さん向けだね

 

②クリケット

 

クリケットも大会で使用されるルールの1つで、ボードの15〜20の数字とブルのみを使用し、いわゆる陣取りゲームで戦います。各数字のエリアに3本分当てることができたら、その数字は自分のものになり4本目以降からはその数字分の点数が入ります。しかし相手が同じ数字に3本分入れた時点でその数字はクローズ=無効になり、どれだけ入れても点数は加算されません。最終的に相手より点数の多い状態で全てのターゲットを確保しきったプレイヤーの勝利です!

ポイント:同じ数字に3本分入れれば自分のものになるんですが、実はダブルエリアに入れた場合1本入っただけで2本分入ったことになります!!もちろんトリプルエリアは3本分!!ということは1ラウンドで最大3つの数字を確保することができるんです!相手にやられたら一気に戦意喪失ですよね!笑   つまり先に自分の陣地にすることが重要なゲームで、後から入れた方は3本入れた時点でクローズするだけ、点数を稼ぐことはできません。しかしそのまま相手の陣地を野放しにしておくと、相手はその陣地に当て続け、ひたすら点数を稼いでしまうので、相手の陣地を潰しつつ自分の陣地を拡大し得点を稼がなくてはいけないため非常に戦略的ゲームになります!ゼロワン同様狙いが定まらないうちは非常に難しいゲームになるんですが、上手くなってきてクリケットをやれるようになるとどハマりすること間違いなしの最高のゲームです☆

サルのPマソ
3つの違う数字をトリプルで一気にゲットした時などカッコいい演出があるんだぜ!ホワイトホース!ヒヒーン
(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

出典:株式会社ダーツライブ © DARTSLIVE Co.,Ltd.より

 

③その他

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

出典:株式会社ダーツライブ © DARTSLIVE Co.,Ltd.より

その他にも10種類以上のゲームルールがあり、みんなでワイワイ楽しめるゲームも盛りだくさんです!ラウンド毎に指定された数字に1本も入れることができなかったら持ち点が半分になるものや相手の指定されている数字を全てつぶすと相手がやられるバトルモードなどなど…最大4人で同時にプレイできて面白いですよ☆

ゼロワンとクリケットをやる前にすべきこと

その他のゲームでダーツを飛ばすことにまずは慣れてください!そこからカウントアップというひたすら点数をとり続けるモードである程度ブルに入れれるようになればいざ勝負!!ゼロワンやクリケットで白熱の戦いをしてみてはいかがでしょうか。目指せブル3本連続、ハットトリック!

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

(C)DARTSLIVE Co.,Ltd.

出典:株式会社ダーツライブ © DARTSLIVE Co.,Ltd.より

 

ダーツはルール、道具ともに日々変化、進化し続けています。値段も手頃で激しいスポーツではないため老若男女、誰でもいつまでも楽しめるスポーツです。趣味がなく、休みになにをしようか迷っている方や、親子や夫婦で一緒に楽しみたい方、友達と盛り上がりたい方など、ダーツは絶対おすすめです!みんなでダーツをやりましょう!

サルのPマソ
エンジョイダーーーーーツ☆

今回、株式会社ダーツライブ © DARTSLIVE Co.,Ltd.さんより画像を引用させていただきました。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

サルのPマソ

趣味:ゲーム・アニメ・漫画・ダーツ ひとこと: 二児の父であるが故に、ゲームをやる時間はもっぱら夜中でございます。 夜型人間の力をブログで発揮していきます!(笑

-Pちゃん, ダーツ

Copyright© 森のQちゃんズ , 2021 All Rights Reserved.