Qちゃん グラフィック

【グラフィック#3】知らなきゃ損!イラストレーターでオリジナルパターンを作ろう!意外と知らないスウォッチの知識

投稿日:2019年8月31日 更新日:

スウォッチパターンとは

スウォッチパターンとは

コアラのQちゃん
森のQちゃんズ管理人のQちゃんです!

今回はAdobeのIllustratorで今でも重宝する技のひとつ!

スウォッチパターンでの背景の作り方とグラフィックのコツを話したいと思います!

今回はスウォッチパターンの作り方を簡単に理解できる水玉模様を作りながら説明しますね。

イラレのスウォッチパターン使ってる?

一回登録してみ

丸をコピーすれば一番簡単に水玉パターンを作ることができますが、、、。

スウォッチパターンを一度作ればもうコピペせずにカラーを選択するように一瞬で作れます。

このスウォッチパターンはコツがあるので最後まで覚えていってくださいね。

スウォッチにオリジナルの図形を登録してみよう!

初心者の僕はスウォッチってカラーパレットだと思ってました。

カラーだけでなくパターンなどオリジナル図形も登録して

カラーとして使うことができるパレットです。

図形を登録するやり方。

ドラックアンドドロップスウォッチ

今回は丸を登録したいと思うのでツールで作った丸図形を選択して、

ドラックアンドドロップでスウォッチに入れます。

これだけでスウォッチにパターンを登録することができます。

コアラのQちゃん
すごい簡単!

スウォッチに登録されたパターンのルールを理解しよう

パターン適用

カラーとしてつかつてみよう!

適当な図形(今回はQちゃんイラスト)を用意して、先ほど登録した丸図形を「塗り」に入れてみる。

すると丸図形が繰り返されたパターンができると思います。

スウォッチパターンは登録した図形を繰り返し表示する仕様になっています。

自分の意図したところで繰り返す方法!

ここが今回一番お伝えしたい部分!

先ほど登録した丸図形では丸が繋がったパターンになりますが、

丸と丸に間を作りたい(自分の意図する「繰り返される」部分)を設定する場合

フォトショップなどでは、繰り返したい部分で

四方カットしてパターンを登録してたと思います。

かっとぱたーん

イラストレーターはそのやり方でも正解ですが、

四方カットしなくても意図したところで繰り返すことができます。

※マスク機能でパターン登録した場合はマスク内の図形サイズで登録され意図と違うパターンになってしまします。

そのやり方がこちら

  1. 作りたいパターンを用意
  2. パターンと同じレイヤーの最背面に「透明(面なし、線なし)の四角」を繰り返したいところへ配置
  3. パターンと先ほど最背面に設定した図形を「すべて選択してスウォッチへ」入れる

以上で意図したところで繰り返すパターンを作る事ができます。

 

コアラのQちゃん
最背面に設定した透明の四角がパターンとして登録できるってことだね。

スウォッチパターンを使いこなす5つの技をご紹介!

 

技1:水玉の背景に色を入れる!「バックグラウンドカラーガ!」

バックグラウンドカラーなり

パターンのオブジェクトを選択して>「アピアランス」にて水玉の「塗り」より下の階層へ新規「塗り」を追加して色を入れる!

 

技2:水玉の色を変える!「カラーケミストリー」

オブジェクト再配色

メニューの「編集」「カラーを編集」「オブジェクト再配色」で任意の色に設定!

技3:水玉パターンをもっと細かくしたい&大きくしたい!「グラビデ!」

「アピアランス」でパターンの「塗り」を選択して>「拡大・縮小ツール」を選択>returnキーまたはenterキー拡大・縮小オプションを開く

「パターンの変形」のみにチェックを入れて任意の大きさに設定!

技4:パターンを回転させる「チェンジ・ザ・ローリング」

「アピアランス」でパターンの「塗り」を選択して>「回転ツール」を選択>returnキーまたはenterキー回転オプションを開く

「パターンの変形」のみにチェック入れて>好みの角度を数値入力!

技5:パターンの位置を変更したい!「秘技上下左右!」

「アピアランス」でパターンの「塗り」を選択して>「矢印ツール」を選択>returnキーまたはenterキー移動オプションを開く

「パターンの変形」のみにチェック入れて>好みの位置を数値入力!

上記5つの技でスウォッチパターンマスターになれると思います。

※「〇〇」は勢いで名付けた技名でパターンの技とは関係ありません。とくに深い意味もありません。

注意ポイント

スウォッチパターンは誤操作や環境の違いでずれる危険があるので、最終的にはパターンを解除することもおすすめします。

解除のやり方

パターンを選択>メニューオブジェクトアピアランスを分割>メニューオブジェクト分割・拡張>塗りにチェック入れてOK

編集できるパスにできます。(パターンに戻すことはできません。)

スウォッチパターンを理解して良い使い方をすれば強い技になると思います。

以上です!

今日もお疲れ様でした。良いグラフィックライフを!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森のQちゃんズ

管理人のQちゃんはフリーランス4年目、独立の話やフォトショ・イラレのコツ、Macの事など、グラフィックデザインの話を中心に仲間たちと楽しく情報を発信中!

-Qちゃん, グラフィック

Copyright© 森のQちゃんズ , 2021 All Rights Reserved.